犬と猫の健康管理、予防治療は広島市東区の榎本動物病院

地域に根差したホームドクターとして、犬猫の診療をしております。
診療時間:午前9:00〜12:30/午後3:00〜6:30(月〜土曜) 休診日:水曜午後・日曜・祝日

ホーム ≫ よくあるご質問 ≫

よくあるご質問

  • 最近、飲水量、尿の量が増えたので心配です。
  • 犬猫の一日に飲む水の量は、30~80㎖/㎏です。
    同じ食事、環境で生活をしているのに、急にお水の量が増えた場合は、犬だと糖尿病、ネコだと腎臓病の初期の可能性が考えられます。もし、1〜2ヶ月前に生理だったと言うことであれば、子宮に膿がたまる子宮蓄膿症の可能性も出てきます。
    いずれの病気も、初期の症状を見落としてしまうと命を落とすことになります。この3つの病気は血液検査、超音波検査で診断できるので早期治療が可能になります。    

    ※前述の3つの病気以外にホルモン異常なども考えられます。

  • 身体を痒がるのですが、何が原因ですか?
  • 痒みの治療は簡単そうに見えるかもしれませんが、奥が深く系統立てて治療をしないと期待するような結果は出ません。
    特に、アトピー体質の動物では、完治させるのではなく、スキンケア、薬などを併用して激しい痒みを軽くすることが治療の最終目標になります。
  • トイレの回数が増えて心配です。
  • これらの症状が急に発生した場合、次の2つのことを考えます。
    1. 膀胱の中に、尿がほとんどない。(膀胱炎等により残尿感あり)
    2. 膀胱の中に尿がいっぱいである。(結石等による尿路閉塞)

    膀胱炎の場合は、動物は元気、食欲はあることが多く治療までの緊急性は尿路閉塞ほどではありません。
    尿道閉塞の時は、食欲は無くなり、時には吐いている事もあるかもしれません。その上活動的に行動することはありません。すぐに治療が必要です。
    雄猫では、膀胱炎から急に尿道閉塞を起こす事があるので特に注意が必要です。
  • 咳が出るのですが、肺炎でしょうか?
  • ・上部気道(喉から気管にかけて)
    ・下部気道(気管支から肺の末端まで)
    ・心臓病から起こる咳

    咳は空気の通り道である気管、気管支、肺が圧迫されたり、物が詰まったり、炎症が起きることにより発生します。
    水、食物、毛などの異物が気管に入り、一時的な咳を起こす事もあれば気管、気管支、肺など変形、腫瘍、アレルギーなどで起こる継続する咳もあります。
    心臓の異常による咳は少ないと思われるかもしれませんが、小型犬の多い日本では心臓の病気により、心臓が大きくなりそれが気管支を圧迫し咳を起こさせます。
    他の原因としては、心臓の異常により肺での血流に変化が起こり肺胞内に水が貯まりそれがもとで、慢性の咳を起こす事もあります。

お問い合わせはこちら

【診療時間】
月〜土曜
午前9:00〜12:30/午後3:00〜6:30

【休 診 日】
水曜午後・日曜・祝日

榎本動物病院

〒732-0042
広島市東区矢賀1丁目6-3

診療時間
月〜土曜
午前 9:00〜12:30
午後 3:00〜6:30

休 診 日
水曜午後・日曜・祝日

アクセスはこちら

サブメニュー

モバイルサイト

榎本動物病院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら